グランドワークスは全自動動的コーン貫入試験機 CRS12-2を導入しています。

業務内容業務内容

株式会社ワイビーエムCRS12-2

地盤調査を、
よりスピーディーに・正確に・スマートに!



硬くて、深い調査をより正確に
動的コーン貫入試験を全自動にしました。
液状化調査・判定にも対応できます。

*地盤工学会基準(JGS 1437-2014)準拠
*日本工業規格(JIS A1230)に準拠
*特許登録済
*「第3次排出ガス対策型建設機械」に指定されています。
(国土交通省 排出ガス対策型建設機械 指定番号3-473)

全自動動的コーン貫入試験機 7つの特徴

【1】地盤調査をスピーディー&スマートに

躯体を小型化、自走式としたことにより、ボーリングマシンを用いて標準貫入試験を行う場合に比べ、現場到着から測定完了までの作業は非常にスピーディー&スマートになりました。

【2】優れた機能性

標準貫入試験と同等の貫入能力、スウェーデン式サウンディングと同等の機動性を有します。

【3】高精度深度センサーを採用

打撃装置の基準適合化により、超軟弱粘土層の強度特性がより繊細に把握できます。高精度深度センサーを採用したことで、打撃中であっても自沈発生時に即座に打撃を停止し、自沈計測を行います。

【4】深度20mを超える調査も可能

スウェーデン式サウンディング試験では困難な「N値が30を超える地層」、「深度が20mを超える場合」においても容易に調査できます。

【5】液状化調査・判定等に対応

ハイパー土壌すくいとストレーナ管を利用し、試料採取と地下水位測定を行うことができるため、液状化調査・判定等にも対応できます。

■土壌試料採取器 ハイパー土壌すくい (特許登録済)

液状化地盤調査にすくいの手!
調査機の打撃力を利用し、ハイパー土壌すくいを任意の地点で所定の深度まで打撃貫入します。本体を回転させることで土壌すくい周面の試料を採取します。

【6】試験結果をその場でプリント

測定状況をタッチパネルにて確認することができます。 試験結果は内蔵プリンタにて出力でき、その場でデータの確認ができます。

【7】データ活用が容易

USBメモリに試験データを記録できます。試験結果は、データ処理ソフトR-ware、グラウンドサーチ(クラウド版)でビジュアルに処理・出力できます。(オプション)

■記録不要で報告書をらくらく作成

R-wareソフト、グラウンドサーチ(クラウド版)は、調査したデータの処理・分析、報告書を自動的に短時間で作成することができるソフトウェアです。

製品仕様

名称 動的コーン貫入試験機
形式 CRS-12-2
■ハンマー落下装置  
形式 油圧式シリンダ+自動落下装置
ハンマー質量 63.5kg
ハンマー落下高さ 50cm
打撃回数 20回/分
■フィード  
形式 油圧式シリンダーフィード
フィードスピード 0~6m/min(上昇)
0~9m/min(下降)
フィードストローク 1,350mm
引抜力 39.6kN(MAX)
■スピンドル  
ドライブ方式 油圧モータドライブ
回転数 7min-1
回転トルク 500N・m(MAX)
ロッドチャック方式 油圧チャック
■ベースマシン  
形式 0.028m3クラス
走行速度 高4.0 低2.1km/h
エンジン出力 9.2kW/2000min-1
■寸法  
寸法(L×W×H) 2,350×830×2,570mm
質量 1,700kg(ロッドは含まない)
メールでのお問い合わせ

ページ上部へ