高知・有限会社グランドワークスの業務内容です

業務内容業務内容

わたしたちは最新鋭のハードとソフトで安心と信頼を提供しています。

平成12年からの住宅品質確保促進法や住宅性能表示制度等により、建物の品質はもとより、宅地の地盤に対する品質も問われる時代となりました。

さらに平成17年の耐震偽装問題によって、さまざまの書類やデータまで疑いの眼差しで見られ、この業界の信頼性は大きく揺らぎつつあります。

わたしたちの業務内容は大きく地盤調査、地盤改良工事に分かれます。
どれにおいても重要なのは調査や施工に対しての品質管理です。
お施主様やビルダー様に対して「写真や文書、計算式だけではなくデータとして提示できること」。
わたしたちは実際の調査や施工だけではなく、調査データ、施工データも品質として考えています。

グランドワークスの業務紹介

業務詳細一覧

地盤総合保証 THE LAND

「THE LAND」なら、地盤関連会社(調査・改良会社)はもちろん、ビルダー様や設計者様の様な発注者側も対象にした地盤保証制度です。
通常のPL保険ではカバーできない地盤修復費(ジャッキアップ費)まで保証されます。


地盤総合保証 THE LAND +20

第三者保証会社として確かな実績を持つGIRが。物件ごとに保証審査を実施する独自の地盤総合保証サービスです。 20年間の安心を目に見えるカタチで提供いたします。
また、従来の地盤保証を一線を画する「THE LAND」なら、地盤関連会社(調査改良会社)はもとより、 ビルダーも保証の対象となるため、地盤に起因する問題であれば"誰の責任か"を問うことなく、 速やかに原状回復のための修復工事を行います。


地盤総合保証 THE LAND NEXT

地盤保証会社の(株)GIRが、新たにご提案するのは「THE LAND NEXT」です。
「THE LAND NEXT」は、スクラップ&ビルドが減少すると考えられる リフォーム流通における手助けを目的として開発されました。 中古住宅売買時、または建物検査に付随して、5年間の地盤保証をつけることにより、 地盤のリスクをお客様にお知らせし、情報開示の資料としてご提案できます。


地盤総合保証 THE LAND plus+

この「THE LAND plus+」は、日本震災パートナーズの「地震費用保険」をセットにした商品です。
これは震災に遭われた場合に、政府の定める被害認定に基づいて地方自治体が調査のうえ発行する「罹災証明」により、それぞれ一定の「生活再建費用」が受けられるというものです。
これは地震保険に関係なく受け取る事ができるので、地震保険の上乗せ保険として機能を併せ持っています。


地盤調査の基本知識

地盤自体が、計画している建物や構造物の重さを支える強度が十分にあるかどうかを判定する調査が「地盤調査」です。
グランドワークスはスウェーデン式サウンディング試験など、さまざまな調査方法により、高知県の土地を調査しています。


電子認証付き地盤調査

住宅の基礎構造部分を担う住宅地盤において、地盤調査の明確で正しい基準が求められています。
住宅地盤第三者認証システム「G-Web system」は「電子認証」をキーワードとし、全自動地盤調査機・GPS・タイムスタンプを最大限に使用した地盤調査の、明確で正しい基準の標準化を目指します。


モードセル工法

グランドワークスは、液状化により不同沈下してしまった木造住宅を対象に、従来の工法に比べ安全・安心・安価で 比較的容易な修復を可能にする「モードセルアンカーボルト」の四国での取扱いを開始する事になりました。 「モードセルアンカーボルト」は、東日本大震災の修復工事で最も多く実施されたと思われる「土台揚げ工法」を、より効率的かつ容易に行えるように工夫したもので、金額的・構造的メリットがあります。


柱状改良工法

柱状改良工法とは、安定した地盤までセメントミルクを注入して土を柱状に固める工法です。
深層混合処理工法とも言われます。セメントミルクを使用する湿式と粉体をそのまま利用する乾式があります。


ウルトラコラム工法

地盤改良工事・ウルトラコラム工法は、 セメント系固化材スラリーを用いる機械攪拌式深層混合処理工法です。独自形状の十字型共回り防止翼を有する掘削ヘッドを採用し、粘性土地盤などで問題となる土の共回り現象による攪拌不良を低減。 また、施工直後にコラムの比抵抗をミキシングテスターで測定し、攪拌(かくはん)状況を確認することで、高品質のコラムを築造できます。


ウルトラコラム工法NEO

セメント系固化材スラリーを用いる機械攪拌式深層混合処理工法「ウルトラコム工法」をベースにし、特殊混和剤(ウルトラリキッド)を使用することで、セメントミルクの水固材比を最高40%まで高濃度化でき、高強度低残土の柱状改良体を築造できます。


ページ [1] [2]
メールでのお問い合わせ

ページ上部へ